Blog

韓紙工芸体験作品

韓国の伝統工芸、「韓紙工芸(ハンジ工芸)」。
韓紙工芸とは、日本と和紙と同じ、楮(こうぞ)の木の皮を原料にして作られた紙を使って、日用品や壁紙、障子、家具に至るまで作ることができる伝統工芸です。
一言で韓紙工芸といっても、その中にさらにジャンルがいくつかあります。
当教室では主に「剪紙工芸」と「紙花工芸」を中心にお伝えしています。
*剪紙工芸:韓紙を切ったり切り抜いたりして仕上げる韓紙工芸
*紙花工芸:韓紙を何層も重ねたり、花紙を使って花を作る韓紙工芸

このように韓紙工芸はとても奥深いものなのですが、韓国では子供からお年寄りまで幅広く楽しめる身近な伝統工芸です。教室の詳細は【こちら】から

私は、2011年より、夫の勧めで半ば趣味から始めたのですが、実際にやってみると楽しくて。
夫の見立ては間違っていなかったんですね。私にはとても合っていました。
そしてついに、韓国で講師資格も取得したのです。
当時は、子どもがまだ小さい頃だったので、日本の母にも韓国の義母にも大変お世話になったものです。
自分自身と向き合い、自分だけの時間を楽しむ。贅沢な癒しのアート。
韓紙工芸の魅力に触れてみませんか?

さて、この韓紙工芸、三重県鈴鹿市で教室を開講中です。
初心者の方には、まずは2時間程度で完成できる体験キット作品をお勧めしています。
価格は、材料費受講費含め、2,500円~3,000円程度
以下に初心者向きの作品をご紹介しますので、ご希望の方はお気軽に【お問合せ】ください。
LINEからも連絡可能です。登録は【こちら】から。
*在庫がない場合、材料取り寄せに2週間ほどお時間いただきます。

取手付かご 220×120×148mm
蓮の花 *好きな色をお選びいただけます
ケース付
to top